中澤工講演会のお知らせ

突然ですが、講演会のお知らせです。
東京大学新月お茶の会は、今年5月に行われる東京大学 第85回五月祭において、当会史上初となる講演会を開催します。
記念すべき最初のゲストは、第一線で活躍中のゲームクリエイター・中澤工さんです。

「中澤工講演会」

日程:2012年5月19日(土)
開場:12時30分
開演:13時00分
会場:東京大学本郷キャンパス法26教室(法文1号館)
※入場無料・予約不要

<講演者略歴>

1976年生。新潟県出身。
1997年にKID入社後、様々なゲーム制作に関わり、後に代表作となるinfinityシリーズ(『Never7』『Ever17』『Remember11』)を手がける。
その他、『Close to』や『Memories Off 2nd』『すべてがFになる』といったゲーム作品の制作にも深く関わった。
KID退社後、レジスタに移籍。
SFサスペンスADVの大作『I/O』、アニメ化もされた『Myself;Yourself』などの原案・監督・プロデュースを手がけた。
近年は『シークレットゲーム』や『ひまわり』など、同人ゲームのコンシューマ移植にあたっても監督を務める。
現在は今春発売予定の新作『ルートダブル –Before Crime * After Days-』の製作に取り組んでいる。

中澤さんが手がけられた作品は、SFやミステリ、恋愛など様々な要素を併せ持ちつつ、
「ゲーム」という媒体の本質を突いた企みに満ちています。

中澤さんご自身にとっても初となる今回の講演会では、『Ever17』等の過去作品から最新作『ルートダブル』に至るまでの軌跡を、中澤さんと一緒に振り返っていきます。
同時に、ゲームを創るにあたって抱いている考えや、創作の背景など、中澤さんのルーツ(roots)に迫ります。

今後、当ブログや公式ツイッターアカウント(@newmoon_tp)にて詳細をお伝えしていきますので、どうかご注目下さい。

【告知1】

講演会当日、『ルートダブル』のデモンストレーションを予定しております。
今回の講演会でもとりわけ大きな柱の一つ、『ルートダブル』。
ゲームというメディアの最先端のサンプルとして、今回はその製品版に触れて頂くことができます(Bルートも初公開となります)。
当日の講演会では、実際のゲーム画面をプロジェクタに投影しながら、
ゲーム制作の実情や、技術的なバックグラウンドについてお話頂く予定です。

【告知2】
今回の講演会について、

・音泉様で配信されるインターネットラジオ『ルートダブル通信』
・電撃オンライン様の『ルートダブル』特集記事

内で取り上げて頂けることが決定致しました。
ぜひ、チェックしてみて下さい。

【告知3】

今回、講演者である中澤工さんへのご質問を事前に皆様から募集致します。
ご質問をお寄せ頂くにあたりまして、二種類の方法がございます。

・当ブログ右下に設置されたメールフォームよりお送り頂く
・「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れて、当エントリーのコメント欄に投稿して頂く

当日の講演会では、皆様からお寄せ頂いたご質問の中からピックアップして、中澤さんにお答え頂きます。
ご質問はいくつお寄せ頂いても構いません。無記名でも大丈夫です。
募集の期限は5月7日(月)までです。 →募集は締め切りました。

皆様からお寄せ頂いたご質問は、当日中澤さんにお答えして頂きます。どうぞお楽しみに。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
『月猫通り』最新刊
『月猫通り』最新2157号の紹介です。(頒価:600円)
告知はこちら

新刊表紙

・特集
-[モンスター]
・テーマ小説
-「忘れもの」

・創作小説

その他レギュラーコンテンツは『月猫通り』とは?

通販もやってます!
プロフィール

新月お茶の会

Author:新月お茶の会
東京大学の学生を中心とした文芸サークル新月お茶の会の公式ブログです。会誌『月猫通り』の情報や読書会の様子をお伝えしていきます!
過去号の紹介や会員紹介で内容盛りだくさんの公式HP「猫又通り」はこちらから
twitter(@newmoon_tp)もやってます!

公式Twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク