FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリエンテーションパンフWeb公開のお知らせ

サークルオリエンテーションの全日程が終了しました。新月お茶の会のブースにお越しくださったみなさん、どうもありがとうございました。
また、サークルオリにいらっしゃらなかった方でも、どうぞお気軽に新月お茶の会の活動を覗いていってください。お待ちしています。

さて、このサークルオリに向けて、新月お茶の会は活動紹介のパンフレットを制作しました。
この冊子はもともと新歓企画の一貫として、新入生のみに配布する目的で例年作られているものです。
しかし、毎年のオリパンフの小説・レビューには「月猫通り」本誌に負けず劣らずの企画が掲載され、これが一般に公開されないのはもったいないという声が出ていました。
そこで、本年度はこのパンフレットをほぼ全編に渡ってWeb公開します。

2012年度新月お茶の会オリエンテーションパンフレット(リンク先PDF)

以下にコンテンツの紹介をします。

■解説・新月お茶の会
当サークルの自己紹介です。
これを読めばお茶会がわかる。

■3つの作品で振り返るお茶会会員にとっての2011年
前年度において際立っていた3作品を挙げながら、会員が2011年を総括するという趣旨の記事です。
500字という短い字数制限の中で、複数の作品をどう捌ききるか、どのような共通項と差異を抽出するか、そんなテクニックが見所となっています。
なかなかに狂った文章が多い感じ。

■妖狐×僕SSアニメ化記念 藤原ここあ座談会
このパンフレットの目玉企画です。
2012年、アニメ『妖狐×僕SS』がヒットを記録しました。
この作品の原作者、藤原ここあ先生は、1999年「月刊ガンガンWING」当時まだ中学生にしてデビューした女性マンガ家です。
繊細な心情描写と、ずば抜けて個性的なキャラクター描写で、男性読者・女性読者の双方から絶大な支持を得ています。2011年には『妖狐×僕SS』のアニメ化に合わせ、初期の代表作である『わたしの狼さん。』『dear』が新装版で発刊されました。
当会では、初期から藤原ここあらのガンガン系女性作家に注目してきました。そこで、今回は『いぬぼく』ヒットを記念し、このような座談会を催すことになりました。
この記事では、20ページという分量に渡って『狼さん。』『dear』『いぬぼく』の魅力について余すところなく語られています。
精神の薄弱さと強迫観念が支配するこの世界で可能な認識の形とはなにか、21世紀において可能な成長とはなにか、そんな問題へと行きつく座談会になりました。
藤原ここあファンの方、もしくはメンヘったセカイに辟易としている方、必読です。

■創作小説
いつもの企画です。
今回小説を執筆したのは3人の作家は、全員新2年生。中にはこれが処女作という人もいます。
また、今年の春合宿に奥多摩で書かれた、黒歴史感満点のリレー小説も掲載。
瑞々しい感性で描かれた作品をお楽しみください。

■ミニBLACK HOLE
「月猫通り」でのレビューコーナー「BLACK HOLE」の字数縮小版。
字数が減った分、圧縮度は上昇。また、扱っている作品のジャンルも本気で多様です。
こちらもいい感じに狂ったレビューを読むことができます。ぜひ


(更新者:ガガーリン吉 記事原案:後藤檀)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

『月猫通り』最新刊
『月猫通り』最新2159号の紹介です。(頒価:800円)
告知はこちら

2159.jpg

・特集
-[ミステリ回顧2017]
・テーマ小説
-「月面開発競争」

・創作小説

その他レギュラーコンテンツは『月猫通り』とは?

通販もやってます!
プロフィール

新月お茶の会

Author:新月お茶の会
東京大学の学生を中心とした文芸サークル新月お茶の会の公式ブログです。会誌『月猫通り』の情報や読書会の様子をお伝えしていきます!
過去号の紹介や会員紹介で内容盛りだくさんの公式HP「猫又通り」はこちらから
twitter(@newmoon_tp)もやってます!

公式Twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。